国連サミットで採択された
Sustainable Development Goals
(SDGs:持続可能な開発目標)」としての17の目標。
井上技研では、女性目線での取り組みや社員への
教育・福利厚生、保育園や障がい者施設などの
建設も含めたまちづくりなどを以前から
心がけており、現在はSDGs担当を置いて
目標達成に取り組んでいます。

1.男女フラットな目線での
女性活用を目指します

井上技研では「女性目線の建設業」を標榜し、女性技術者の活用をはじめとし、様々な取組を行ってきました

井上技研の考える女性活用は女性を特別視することではなく、男女がフラットな目線で共に働ける環境です。
そして、女性が働きやすい環境は、もちろん男性も働きやすい環境。
女性が活躍する、そして男性が輝く企業を目指しています。

2.大切な社員に、未来が見える
教育の場を提供します

井上技研では、企業が存続し伸びていくためには、「人」が一番大切だと考えています。
大切な社員がしっかりした知識を身に着け、積極的に社会とかかわれる人材となってもらうため。
そして、社員に自発的なやりがいを感じてもらうために。
経営者自身が仕事の意義を伝えていける環境づくりを心掛けていくと共に、様々な研修・セミナー、キャリア・コンサルタントとの面談の場を設けています。

・色彩の勉強会(感性教育)
・建設関連資格への補助制度
・キャリア・コンサルタントの配置
・中間管理職への研修(生産性向上研修、リーダー研修)
・若手研修(IGYSG:井上技研ヤング・スタディ・グループ)

3.保育園や障がい者施設など、
働く人を支える建設を
提供していきます

井上技研では女性目線を活かし、保育園や障がい者施設など女性が多く働く職場やダイバーシティに関わる職場の建設に積極的に取り組んでいます。
働きやすい建物、過ごしやすい建物を作ることで働く人を支えていきたい。
建物を通じて教育、女性の社会進出、ダイバーシティ推進など、様々な社会的活動に貢献していきたいと考えています。

4.まちづくりに貢献できる
建設会社を目指します

井上技研は業務内容としても企業自身としても、地域社会に溶け込み、地域社会に貢献できる活動を心掛けています。
会社のある地域では、草刈りやごみ拾い活動に参加しています。
また、札幌市景観70色を取り入れた工事シートや、動物園の工事では動物の足跡をあしらった工事シートを使用するなど、工事中であっても、少しでも心が和むような配慮を行っています。

5.社員が安心して働ける
職場環境を提供します

長く男性社会が続いた建設業界の中でも女性が安心して働いていただけるように、女性が配置される現場には女性専用トイレを設置しています。
また、社用車も貸与かつ、運転が不安な社員には専門講師による運転講習も行っていますので、運転に不慣れな新入社員のかたにも安心して業務を始めていただけます。
社用車だけではなくスマホも完全貸与なので、プライベートと仕事も完全に分離することができ、安心して働ける環境作りに努めています。

6.企業活動を通して、環境への
配慮を行っていきます

井上技研では、建設資材も環境に配慮したものを積極的に取り扱っています。

・遮熱性の高い塗料
・FSC森林認証を受けた木材
・廃蛍光灯リサイクルガラスを使用したガラスブロック
・化学物質を含まない塗料

社用車も低燃費カーを採用し、少しでも環境に貢献できるように心がけています。

7.その他の取り組み

❶ 発展途上国支援

弊社役員は、発展途上国支援団体への支援を15年ほど続けており、そのうち10年間は理事を勤めておりました。
発展途上国への支援は、妊娠や教育などを通した女性支援にもつながっており、井上技研の理念とも通じることがあると思っています。

❷ 自社ビルテナントの活用

井上技研本社にテナントとして入居いただいているのは、保育園、高齢者向け居宅介護サービス会社、訪問看護サービス会社と、お子さんや高齢者を支える企業さまです。
本業以外でも様々な観点から、働く女性やダイバーシティへ貢献していきたいと思っています。

TOPへ